読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東南アジアの国に海外移住した男のブログ

東南アジアのある国に海外移住して10年以上。日本人として葛藤・苦悩しながら東南アジアでリアルに生きています!社会派ブログ!

ショーンKは一瞬で干されたけど舛添さんは続投できる日本。

なんか舛添さんがヤバイことになっておりますね。

もう言い訳できないから謝ったんでしょうが、

自体はかなり深刻のようです。

headlines.yahoo.co.jp

 

というのも、本件、政治資金に私的な支出が混じっていたどころの

話ではなくて、

政治資金を自分の持っている会社に還流していた、

簡単に言うと、

・都民のお金を自分の会社に横流しした

ということであります。(以下記事です。)

www.sankei.com

 

●お金の流れ

政治資金(都民のお金)

->政治費用として使う事務所の費用

->でも、これは実は舛添さんの自分の会社に払っている

->つまり都民のお金だけど、舛添さんの会社にお金が入ってきてラッキー!

という状況になっているようです。

う〜ん、まずいですよね。

政治資金の違反というか立派な横領ですよね、これ。

一般の民間企業でやったら刑事告訴されても

おかしくない状況であります。

ちなみに中国や東南アジアの一部の国では横領罪でも

死刑になります。。

 

 

ショーンKは干されたけど舛添さんは続投できる日本。 

livingasia.hatenablog.jp

 

この舛添さんの横領関係の疑いについて考えている時に、

以前記載した経歴詐称のショーンKのことを思い出したんですけども、

なんかすごいムカついてきたんですよね。

いやー、もう本当にムカついてきた。

だってさ、彼らの現状を考えると

なんでショーンKは一瞬で干されて

舛添さんは続投しようとしてるんだよ!

 

ってことですから。

 

舛添さんはかなりヤバイところ行っちゃってますよ。

だって、横領の疑いかかってますから。普通だったら刑事告訴されかねません。

一方、経歴詐称が起きてからというもの、もろくも一瞬で消えてしまった

ショーンKですが、彼は経歴を詐称しただけです。

確かに人の信頼は失ったかもしれませんが、別に誰も不幸にしてません、

金銭的にトラブっているわけでもありません。

 なのにもかかわらず、ショーンKは干され、舛添さんはごめんと謝って

続投をしようとしているのが今の日本であります。

 

いやー、ショーンKの肩を持つつもりはないけど、さすがに僕がショーンKと

同じ立場だったら泣くと思いますよ。

ショーンKがどんだけ謝ったと思ってるんだよ、と。

 

舛添さんって相当ヤバイ人だなって思っていて、

というのは彼は民主主義を悪用してるんですよね。

ショーンKはビジネスという場で、信頼を失い職を失った。

ビジネスというのは民主主義ではくて独裁的でありますので、

ダメなものはダメなんです。

一方、日本の政治というは民主主義ですから、

金が使いすぎだよ、あの禿げ!と都民に言われても

賛成も反対も認めて議論していきましょーよ。というものですので、

批判的な意見もごもっともでありまーす、改善しまーす、

という形で逃げることが可能です。

そういうことを考えると舛添さんは政治家でありながら、民主主義を悪用している

気がしていて相当なヤバイ人だなって思うんですよね。

 

 

本当にムカついたのでこのエントリーを書いたのですけれども、

この機会にショーンKにも復活をしてほしく、

今こそコメンテーターとして再度復帰して、

舛添さんのことを思う存分、批判したらいいじゃないかと思う次第であります。

再度書きますが、中国とかなら国の金を横領したら

国家反逆罪とみなされ本当に死刑判決出ますからね。

日本の横領罪は刑罰が異常に軽いのでお気をつけを。。 

国際電話