読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東南アジアの国に海外移住した男のブログ

東南アジアのある国に海外移住して10年以上。日本人として葛藤・苦悩しながら東南アジアでリアルに生きています!社会派ブログ!

日本製品の不正ほどタチの悪いものはない

三菱自動車がまた意図的に不正を行ったようで大事件となっております。

原因が発覚したのは提携先の日産からの指摘であったようで、

不正はやるわ、

他会社に指摘されて恥ずかしいわで、

三菱自動車は窮地に追い込まれている状況のようです。

 

matome.naver.jp

 

 

日本製は品質/安心だけが求められている

以前も書きましたが我が東南アジアでは日本製品は徐々に勢いを失っています。

特に家電系で踏ん張っているのはSonyぐらいなもので、

他の日系メーカーは勢いを失っています。

値段も安くデザインもよい韓国勢や台湾勢にそのシェアを奪われている感じですが、

唯一日本製が好まれている点があって、それは品質と安心であります。

それは自動車業界であっても似たようなところはあります。

正直、今の日本製は車も家電もデザインが良くなくて古臭い感じがするんですけども、

ただ品質と安心感だけは今でも日本製のトレードマークと認識されています。

おそらく世界中の多くの人が日本製に

デザイン性なんて求めてないんじゃないかと思っていて

日本製品というものは、いや、日本企業というのは

モノを作って販売してそして販売するときに同時に品質/安心という付加価値も

セットにして売っている業態に近いのではないかと思ってるんですよね。

 

これは海外に出て働いていると特に感じることなんですが、

家電や自動車などの製品に限らずあらゆる業種において

日本=品質/安全

と考えられる傾向にあります。

それが法律事務所だろうが、コンサルだろうが、人材派遣会社であろうが

そこが日系会社だったり、日本人が駐在しているだけで上記のような認識を持たれます。

日本人がやっているから安心でしょう、と世界の方は思ってるんですよね。

 

 

日本製品の不正ほどタチの悪いものはない

上記のように日本製品/日本企業というのは、いわば品質と安心感を

売っていると言っても間違いはないのでありますが、

今回の三菱自動車の不正事件はまさに裏切り行為でしかなく

日本製品であっても安心して買うことができない!

という事実を作ってしまったということになります。

 

今回の不正は自分たち自身の特徴を自ら壊してしまったという自爆行為でしかありませんが、

しかしながら、日本や世界の自動車業界に与えるネガティブインパクトは

非常に大きいと思っております。

 

今まで

品質いいよ!やっぱり日本製だよね!

という認知で売られていた自動車や日本製でありますが、

それが不正なデータでやっぱり嘘でした〜!

なんてことになったら、

それは虚偽というか詐欺だと捉えられても仕方ないことだと思うんですよね。

 

これは賛否両論はあるかもしれませんけども、

上記でも記載したように

日本企業/日本製品というのはどんな業種であっても

品質と安全を売っている会社であってユーザーもそれを求めておりますので、

品質問題と安全問題について特に最新の注意を払わないといけません。

これはもう良くも悪くも日本企業への宿命でもあります。

その日本企業に求められている期待を意図的な不正で裏切ってしまった

というのは詐欺だと言われてもおかしくないわけです。

 

このような背景などを考慮すると、

日本企業/日本製品の不正事件ほどタチの悪いものはないのかなぁ

と思う次第であります。

 

三菱自動車は以前も不正を行ったという過去の経緯もあって

お客さんを騙す、国も騙す、そしてバレなければ問題ないという

体質になっているのかもしれません。

本件については、三菱自動車上場廃止にするぐらいのペナルティーを

課しても仕方ないぐらいの事案だと思っている次第であります。

 

特に海外に住んでいて、日本人としての責任を少なからず感じながら

生きている身としては三菱自動車の不正行為は

非常に恥ずべき行為だと思っている次第であります。

 

 

国際電話