読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東南アジアの国に海外移住した男のブログ

東南アジアのある国に海外移住して10年以上。日本人として葛藤・苦悩しながら東南アジアでリアルに生きています!社会派ブログ!

地震を逃れるために海外移住すべきか!?

地震における日本人の強さについては

以下のエントリーで記載しました。

 

livingasia.hatenablog.jp

 

今回は地震を逃れるために海外に移住すべきか?

についてエントリーしたいと思います。

というのもネット上では

日本はもう危険だから海外移住したほうがいい!

という議論も出ているようで

東日本大震災、いわゆる3.11で実際に起きたケース

も合わせて自分なりの考えを記載したいと思っています。

 

3.11の時には実際に海外に逃げるケースはあった

東日本大震災3.11の時は、震災/津波という自然の天災以外にも

原発という人間が作り出したものによる人災が

被災地や関東地方に非常に大きな影響を及ぼしました。

そのため東日本はもうヤバイから関西に逃げようっ!

なんて人もそれなりにいたようです。

とにかく災害時は目に見えない不安がどこかにあって、

合わせてデマや陰謀説を流す人たちもいますから、

そういう面で人々の中では不安が一層増大してしまうのだと思います。

 

3.11の時はそういうエスケープの一つとして以下のように

東南アジアなどの海外に逃げてくるケースも何度か聞いておりました。

  • 東南アジア方面でしばらく過ごそうという人
  • 東南アジアで働く駐在員が短期的に親や家族を呼び寄せるケース

 

海外に住むのはそんな簡単じゃない

こういう事態においてはそれぞれの個人の判断に委ねるしかありませんが、

僕個人としては海外に住むのもそんなに簡単じゃないので

安易に選択しないようがよい、と思っています。

 

特に以下のケースは結構危険だと思います。

  • そもそも海外に慣れていなくて旅行程度の海外経験しかない人。
  • 海外に身寄りがいても、海外では自分では何もできない人。

駐在している子供だとかが現地にいてもフルサポートすることなんて

120%絶対出来ないわけで、自力で対応できる交渉力や海外スキルがない

場合はいずれお荷物になって、身内からそろそろ日本帰ったら!?

なんて言われかねない状態になるんではないかと思います。

また、物理的な面としてゆるゆると言われる東南アジア界隈のビザ(滞在許可証)も

最近は徐々に厳しくなってきているので、

そんなに長く入れないよっ!という事情もあります。

 

私も海外移住歴はそれなりに長いですが、

日本を捨てて海外に出てきたわけでもありませんので、

日本から逃げるというのもなんだから理解できない面もありますし、

このような震災で海外に流れてくる方というのは

日本に対して何らかの不安な心があるのだと思いますが、

ただ、そんなこと言ったら海外なんて不安しかない!

わけですから、そのような方にはあまりオススメできない感じであります。

 

日本で災害が起きているということは事実であり、

多くの方が被害にあっている状態でありますのが、

その対策として

  • 一時的に海外にショートステイしてしまうケース
  • 震災が原因で移住を決断するケース

については私の個人的な見解として、

それなりに慎重に判断をしたほうがよいと思っている次第であります。

 

以上引き続きよろしくお願いいたします。

 

国際電話