読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東南アジアの国に海外移住した男のブログ

東南アジアのある国に海外移住して10年以上。日本人として葛藤・苦悩しながら東南アジアでリアルに生きています!社会派ブログ!

iPhoneSE発売!東南アジアの人たちはiPhone大好き、スマホ大好き!

海外移住

headlines.yahoo.co.jp

 

とうとう決まったようですね。iPhone SEの発売日。

東南アジア界隈もまた騒がしくなるなぁということで

東南アジアスマホについてエントリーです。

 

騒がしくなるというのはですね。

概して東南アジアの方々はみんなスマホが大好きなんですよね。

・中間層は、iPhone

・それ以外の方はAndroid端末

って感じで、とにかくスマホが大好きであります。

 

僕の感触的に、特にシンガポールバンコクホーチミン

iPhoneユーザーは特に多いような感じがします。

もちろん、韓国や中国製のAndroidも多いのですが、

Samsung持ってるの!?ダセー、やっぱりiPhoneでしょ!」

と言わんばかりに、都心部の特に中間層やお金持ちさんはiPhoneを持っていますね。

 

livingasia.hatenablog.jp

でも以前上記エントリーでも書いたように、

やっぱみなさん、金使うわーと日々関心していて、

金持ちに近づきたい、金持ちと思われたいというのをひしひしと感じます。

 

特にiPhoneは、発売当初から手に入れることに

ものすごく情熱を注いでいる人もいて、

(業者経由で)アメリカや日本などで発売日にApple Shopで買った

iPhoneを見せびらかす人もいます。

 

それらは、1.5倍から2倍、3倍のプレミアムで販売されている時もあり、

お金に糸目をつけないところがカッコいいのでしょうね。

 

iPhoneSEも発売当初はプレミアム価格で市場に出回るんではないかと思われますし、

その分、iPhoneに絡んだ詐欺や窃盗・ひったくりも多くなるのも事実であります。

 

そもそも東南アジアの国の多くは、未だに農産物の輸出や

安価な人件費による労働でお金を得ています。

その分テクノロジーには非常に弱く、テクノロジーに弱いがために

先進諸国から高いお金を出してテクノロジーを買わざる負えない事情があるのです。

このような環境下でお金を持ち出すと、物欲と相まってプレミアム品でも

普通に手を出してしまう金銭感覚が出来上がってしまうのかもしれません。

iPhoneだって給料の1ヶ月分とかするんですよ。。

You are Crazy.

そう、今の東南アジアというのはクレイジーなのであります。

 

現状Appleの経営としては正直良くないでしょうし、

良くないからこそ製品を増やそうとしているところはあるでしょうが、

上記のような背景もあり、東南アジアの皆さんはAppleの出す製品に

夢中なのであります。

 

ちなみにですが、AppleWatchをつけている人は

今のところ一人も見たことは無いことを記載しておきます。

 

 

国際電話