読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東南アジアの国に海外移住した男のブログ

東南アジアのある国に海外移住して10年以上。日本人として葛藤・苦悩しながら東南アジアでリアルに生きています!社会派ブログ!

海外に住みたいと思ったから

バックパッカー(貧乏旅行)にハマる

大学に入るまでは海外なんて行ったこともなかったし、正直興味もなかった。

大学でバックパッカーの友達が出来てそいつの話を聞いていたら、すごく興奮した。

バックパッカーで海外いくぞって思った。

それから数ヶ月後に東南アジアの国々を回った。

悪いこともいっぱいやったし、なんだかすごい面白かった。

 

それからというもの大学やバイトに行きながら、お金をこつこつ貯めて

暇を見つけては東南アジアにいったり、中東にいったり、ヨーロッパにいったり

貧乏旅行をしていた。

 

実家がサラリーマン家庭ではなかったので、

就職なんてする気もなかったんだけど、

働かないと金がないってのが現実だったから働くことにした。

バックパッカーで培った知識で旅行業界で働くことを考えていたけど、

結局全くの別業界で働くことになった。

(旅行業界なんて安月給だし後から考えて、やめていて本当によかった) 

 

運良くその会社で海外事業があったので、そこになんとか潜り込むことに

成功。やばて東南アジアと日本を行ったり来たりする生活が始まった。

当時20代中盤の若手だったのに、こんな思い切ったこと経験させてくれて

当時の会社や上司には本当に感謝してる。

 

海外に移住

そこで嫁と恋に落ち現地で結婚。

本社を抜けて、子会社の現地採用(いわゆる現採というもの)として働いてる。

 

海外に住むことは全く抵抗はなく、もしろ日本で生き続けるのが

嫌だなって思っていたので、海外移住はまあ希望が叶ったといえば叶ったと思う。

 

でも実際に住んでみると、未だに腹落ちしないことや、咀嚼できないこと、

文化を理解できないことも結構ある。

そしてマイノリティーであるが故に一人でもんもんと悩む。

 

外国人が海外に移住するってのは、マジで大変なんだなって日々感じていて、

そんな意味を込めてこのブログを始めたんだよね。

 

 

国際電話