読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東南アジアの国に海外移住した男のブログ

東南アジアのある国に海外移住して10年以上。日本人として葛藤・苦悩しながら東南アジアでリアルに生きています!社会派ブログ!

訪日外国人 オカモトコンドームを爆買(・∀・)ニヤニヤ 日本製って本当に信頼されてるんですよね。

円高だったり、中国も海外で買って来た商品への関税をUPしたりして

もう訪日ビジネスも元気がなくなるのかなーって思っていたのですが、

日本人からすると結構意外な商品が訪日外国人に売れているようであります。

 

オカモトのコンドームを爆買していく外国人

主に訪日中国人が多いようですが、オカモトのコンドームが

売れに売れまくっているようです。(以下記事)

結構意外ですねー。

 

一般的に生理用品って、なかなか人前で買っていくの恥ずかしいんですけども

ダンボールとかスーツケースの中身いっぱいにオカモトのコンドームを

入れてる中国人とかマジでいそうで、

想像しただけでもちょっとくすっとわらってしまいそうになりますね。

まあ人間として普通だからいいのですけど

 

courrier.jp

 

現地生産品は信頼されていない

そもそもなんですが、中国初め東南アジアでもオカモトのコンドームは

発売されているんですよね。

(おそらく現地生産東南アジアのどこかの国で生産しているのだと思います。)

 

だったらなんでわざわざ日本に来て買っていくのかというと、

上記の記事でも記載されていますが、

現地で購入するものは「偽物」かもしれないから買いたくない。

でも日本では偽物を掴まされることはまず無いから絶対安心だ。

じゃあ、日本で買おう!

という構図になっておりまして、中国同様に東南アジアでもこのような

流れはあります。

 

この現象はコンドームだけではなくて、

生理用品/化粧品/口や体に入れるもの、ブランド力がある商品

に対してこのような考えがあります。

 

たとえば、粉ミルクが非常にわかりやすい例で、

明治は東南アジアで粉ミルクを現地生産して、日本メーカーとして

現地の方向けに粉ミルクを売っているわけです。

MEIJIという会社は知名度もブランド力は非常に強いので、

現地の消費者も「日本製だし、安全だよね!」とは思います。

ただ、消費者は次に

「でも、本物かな??」「中国から流れてきた偽物じゃない?」

と考えてしまい、購入を躊躇する場合が結構出てくるわけです。

非常に強力なブランド力を持っていても、

「偽物じゃないか」という不要な疑いがかかってしまうわけですね。

 

日本メーカーからすると日本の品質をキープした上で、

現地の方に積極的に日本品質の商品を売ろうとしているんですけども、

このような心理的なことが起きてしまい、日本メーカーだけれども

意外と売れなくて、悩んでいるというメーカーもあるみたいですね。

 

このような不安から消費者として出てきたものは

「もうしゃらくせーから、日本に行って買ってきちゃおうぜぃ」という動きで、

これが訪日外国人による爆買の一つにもなっているわけです。

 

中国人も東南アジアの人々もお金を持ちだしたってこと

このように日本に行って買ってきちゃおうぜという流れになった背景としては

基本的には中国人や東南アジアの方々が金を持ちだしたってことであります。

 

日本国内で考えれば、彼らがやっている日本での爆買ってのは

相当な贅沢なことですよね。

 

たとえば、日本人がトリュフが食べたいと、でも日本で食べると味が落ちると、

中国ものの偽物のトリュフとかもあるみたいだと、

だったら、フランスやイタリアで本場のトリュフ食べちゃおうよ、ね!

と言っているのと基本的には変わらなくて、

普通考えたら、あー金もってるなーという感じではあります。

今の日本人にはなかなかできない発想かもしれません。

 

まとめ

この現地生産品が信用されていないという事象

逆に言うと、

訪日外国人の方は日本のことを本当に信頼してくれている

日本製品のことを信頼してくれている

ということの表れでもありますので、

日本はこのことを忘れず、今まで通り日本人らしく

品質がいいものを作り続けて欲しいと思っている次第であります。

 

やっぱり日本ってのは、一番の武器である品質/安全を提供するという

コンサルティングをしながらモノを売っていくのが

一番あっているような気がするんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パナマ文書が開示されたけどなんで租税回避自体がダメなことになってんだろ。

パナマ文書が正式に開示されまして

日本でもソフトバンクだ、楽天だと色々と注目をあびているようであります。

 

タックスヘイブン自体は合法

以前パナマ文書っているけどタックスヘイブン自体は合法ですよー

という内容を以下のエントリーで書きました。

 

livingasia.hatenablog.jp

 

そう、タックスヘイブン自体は別に合法で悪いことではない。

悪いのはオフショア資金を悪用した場合で、

マネーロンダリング(オフショア資金を経由したことで綺麗なお金にしちゃったこと)

 ・紛れ込ませて所得を隠しちゃったこと

が悪いのだと思っているんですよね。

 

タックスヘイブンはそもそも他国との税金課税の格差を出すために存在していて、

シンガポールみたいにその格差が存在するために生き残っている国もあるわけです。

だってシンガポールにはそれ意外国力ないですから。

そのため、別にタックスヘイブン自体は悪くはないと思っております。。

(あ、ちなみにわたしはタックスヘイブンを利用して何かしたことはございません。

 日本みなさんよりも貧乏ですので。。)

 

タックスヘイブン自体が悪いことになっている

最近のニュースで非常に気になっていることがあって、

パナマ文書で名前があることに対する理由として

「租税回避が目的ではありません」

みたいなことをみなさん言うんですけど、

租税回避すること自体がなんでダメなんですかね??

 

news.yahoo.co.jp

 

news.livedoor.com

 

繰り返しますが、なんらかの租税を回避すること自体は問題ないと思っているんですよね。

だってアメリカで株式を上場させてその税金を節税するために国籍変えて

シンガポールに移住しちゃったりする人も実際にいるわけですから。

 

ホリエモンだって別に普通だと言っております。

www.daily.co.jp

 

そもそもオフショア資金を使って節税すること自体がいけないんだったら、

バージン諸島とかシンガポールとか香港とかタックスヘイブンによって

儲けようとしている国自体が問題なんで

それらの国を訴えればいいような気もします。

 

なんだか、

パナマ文書は悪いもの⇛タックスヘイブンが悪い⇛節税、租税回避も悪い

という感じでちょっと間違った認識になっているような気がします。。。

 

だって日本の皆さんだって節税対策ってしていると思っていて、

それらはもちろん合法の中でやっているわけです。

節税の知識がない人は残念ながらできないけど、

知識のある人は節税して少しでも実質の所得を増やそうとしているわけです。

つまり合法のもと、そこに知恵や知識があれば節税や租税回避は

問題ないはずなんですけどね。。。

パナマ文書というだけで、話しの論点がズレまくっているような気がします。

 

ただ、以下のような元アイルランド首相のようなケースは

もちろんNGでダメです。

税金を国民にとっている側の人間が国民を欺いて所得隠ししてるんですから。

www.cnn.co.jp

 

パナマ文書のニュースはこういう悪い例をすべての例に適用していて、

マネロン/所得隠しと租税回避を一色単にしてNGだ!

と言っているような気がしていて、なんだか腑に落ちない気がいております。

 

ちなみに繰り返しますが、わたしはタックスヘイブンを利用したこともなければ

何かしたことはございません。

東南アジアの生きて日本みなさんよりも所得の少ない貧乏人ですので。。。

 

 

 

 

オーストラリア ワーホリに所得税32%(泣)

 

先日その物価高さについて取り上げたオーストラリアなんですけども(↓)

 

livingasia.hatenablog.jp

 

今度はすさまじいニュースが流れてきました。

ワーホリビザ保持者の所得税を0%→32.5%に上げる

というもので海外移住者界隈では激震が走っております(((( ;゚д゚))))アワワワワ

 

www.jiji.com

 

ワーホリでも所得税32.5%

タバコが1箱3200円だったりと、 やることが極端すぎる

オーストラリアでありますが、0%→32.5%って凄まじいですよね。

たとえばの話し、

累進課税制度を導入してないのかわかりませんが)

バイトで月に13万ぐらい稼いでいて、所得税の課税が0だったのが、

32.5%になることで50万取られるので、月々だと4万円ちょっとマイナスになる。

つまり月々13万稼いでも4万円税金でとられて、手元に入ってくるのは9万円以下

ってことなんですかね。。。所得控除とかあるのかわかりませんが、単純に考えると。。

すげー。

 

ただでさえ物価がべらぼうに高いオーストラリアで、こんなに税金取られたら

暮らしていけないでしょうね。。。

そもそも累進課税なのかよくわかりませんけども、そんな大金持ちでもない人から

32.5%の所得税を取るなんてかなり異常な気もします。。

 

背景としては、オーストラリアは島国であって移民とか海外移住者を

毛嫌いする感じもあるでしょうし、

保守的なところで海外移住者や移民を抑制しようとしている動きがあるのかもしれませんね。

またはワーホリビザを悪用して普通に就業しているというケースも聞いたことがあるので、

そこら辺の締め付けが入ったという可能性も高いのではないかと思っております。

 

それにしても真面目にワーホリしている方々もたくさんいらっしゃいますので、

現地のワーホリ関係者、ワーホリビジネスは相当な打撃を受けるのではないかと思っております。

ワーホリビジネスなんて廃業に追い込まれるでしょうね、、

 

海外移住 東南アジアに来たほうがいいよ

英語を勉強するにしてもオーストラリアってそんなにメリットあるかなと個人的に思ったりするので、

上記オーストラリアワーホリの所得税問題などでバタバタしている方々は

東南アジア界隈に住み着いて海外移住をしたほうが断然いいと思います。

 

オーストラリアで就職するのもなかなか難しいでしょうし、

物価高や税金など結構息苦しそうな感じを受けます。

 

東南アジアで急成長しているマーケットであり、物価も安く、

職もたくさんありますので、

東南アジア界隈で生きるのが長く海外移住できるのではないかと思っております。

 

 

 

 

国際電話